読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の感情が分からない。

どうしたいのか、どう思っているのか。

 

思考、感情、記憶、行動がどれも一致しない。

 

自分でも自分が分からない。

 

誰かと自分が喋っていて、自分が喋っているのをベール、フィルター、あるいはカプセルに包まれて自分の後ろ、真上からボーっと見ている。

 

自分が記憶がない時に腕を切っていたり根性焼きが体に増えている。

 

楽しいと感じるような事をしているはずなのに脳は全く働かず楽しいという感情が湧いてこない。

 

今はただ、また居場所がなくなった気しかしない。

部屋に私以外の人はいないのに自分が怖いと恐れている女の声がどこからかずっと聞こえる。

その女に監視されてると感じて落ちつかない。寝られない。

1ヶ月前まで症状が安定していたのにお願いだからもう私の中に入り込んでこないでほしい。

 

 

なにかにすがらないと苦しい。

 

どんどん思考、感情、記憶、行動が分裂していっているのを感じる。

 

信じない、期待しないと思っていても人をどこかで信じてしまってる、期待してしまっている。

 

だから傷ついてるのだろう。

 

あれほど心を殺されるほど傷ついたくせに

傷つくのが分かっているくせに

信じないと決めたくせに

また同じ事を繰り返している自分の脳は馬鹿だ。

 

でもどこかでこの人なら助けてくれると思ってしまっているならそれほど助けて欲しいのだろう。

 

私は保健所にいる犬、猫のような気分だ。

 

人が嫌いだ。すぐに嘘をつきすぐに裏切る人間が大嫌いだ。

 

自分をその時の感情で虐待をし自分の思い通りになるように行動させそれでいて結果が思うようにならないと罵倒をし利用価値がなくなったら構わなくなり捨てる人間が大嫌いだ。

 

お前が死んでしまえ。

 

だけれど早く怖く苦しい冷たい牢から出して欲しいと小さな希望を持ち期待している。

 

死にたいと思っていてもどこかでまだ生きたいと思ってるんだろう。

 

こうやって自分が自分に問いかけるほどまでに自分の感情が分からない。

 

こんな苦しい状態が何年も続いてきて今後何年、何十年、一生かもしれないが苦しい状態が続いて生きるなら傷ついて傷ついて傷つくのに慣れてしまって感情が湧かない失感情症までいきたい。追い込まれたい。

 

もしくは自殺してしまいたい。

 

まだどこかで小さい希望、期待を抱いてる間は自殺する前までいっとして思いとどまるのだろう。

 

半年前の私がいい例えだろう。

 

さっさと突き落として欲しい。

 

苦しい。苦しい。苦しすぎる。

 

いつから自分はこうなった。

 

こんな分裂した状態から抜け出したい。