読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何も隠さず自由に友達とちゃんとした友達関係を作り上げたい。

 

普通に学校に通いたい。

 

普通に勉強をしたい。

 

なのに、休学をしている現在も休暇中とはいえ、いつどこに現れるか分からないある女を怖く怯えながら行動をし女がいるかもしれない店に行けず。

それとは別の彼は友達として写真が撮れず、自分のために都合よく私の存在を隠し、でもそれでも私は相手の事の意見を尊重し優先し自分を押し殺して我慢している。

 

でもそれもそろそろ我慢の限界だ。

 

隠し通せる自信もない。

 

これ以上相手に好き勝手行動されるのがつらく精神を削る。

 

眠気が来てもどこか「今後自分の進路をどうしようか?女を避けてどうやって進むか、また人間関係を制限され崩されないようにするにはどうすれば良いか」と考え、ひどい時は私が怯える女の声、監視されているような感覚に落ち入り部屋にいないとは分かっていてもその女が私とある程度の距離を保ちこちらを見ている。

 

耐えられない。

 

耐えられない。

 

寝たい。つらい。休ませて欲しい。

 

相手の女に殴られても刺されてもいいから全てを打ち明け早く楽になりたい。

 

なぜ、こうなった?

 

私が彼と深く関わりすぎたのもあるだろう。

 

私が彼に情緒不安定で泣きながら 「新しくできた友達が離れていくんじゃないか?邪魔なんじゃないか?邪魔ならもうそちらに行かないし旅行も行かない、約束をしていた京都やユニバも無理に行かなくていい」と電話で話した事がある。

 

その時の彼の答えは「皆邪魔なんて思ってないし、むしろ旅行も来て欲しいから誘ったし、学校が休みで時間があればこちらからも家に皆連れて遊びに行くし、京都やユニバは日程がはっきりしないから行けないだけで俺も行きたいから時間があれば行くよ、自分は離れていかないよ」と最後に会った日の数日前まで言っていたが旅行に行ってからその言葉とは真逆の行動をされている。

 

私は「◯◯に行こう」と約束をし、それをいつまでも日程も決めずふわふわさせ結局口だけで行かないのがとても嫌いだ。

 

何度も行かないならもういいと言った。

 

嫌いだから自分が思っている事をすべて伝えたのに嫌な事しかされていない。

 

きっとその人が怒らないように情緒不安定にならないようにめんどくさくしないためのその場しのぎなのだ。

 

それがとても嫌いだから行かないならはっきり行かないと言ってと何回も言っていた。

 

結局皆自分が大切で相手の事を思いのほか考えていないのだろう。

 

相手が傷つく以前に自分が傷つかないように都合のいいように生きている。

 

私の中に大きな地雷爆弾を抱えているようで、抱えきれなくなった爆弾が大きすぎて収まりきらず、いつ私の中で爆発してもおかしくない。

 

そんな爆弾早く捨てて楽になりたい。

 

これだけ傷ついたのだから、女を呼び出し全てを話す事で爆弾を相手に投げオーバーヒートさせ今よりもっとぐちゃぐちゃにしてやろうかと思う時がある。

 

むしろそればかり考えている。

 

私もつくづく仕返しや復讐などと考える程度の落ちたクズ人間になったものだ。

 

傷ついてクヨクヨしている自分も、仕返しや復讐などを考えている自分も嫌いだ。

 

全部真っ白にしたい。

 

新しい地で自分も人間関係も進路もやりなおしたい。